こういう方はM&Aで失敗する

売主様の中にはM&Aに向かない方もいらっしゃいます。
売却金額を高望みし過ぎてしまう方、ではありません。
会社を経営されていますと、悪意や悪気は無く、会社のお金をご自身のお財布のように思われている方も多くいらっしゃいます。第三者から見ますとお金の流れがよろしくない、公私混同しすぎているということで指摘を受けるケースがございます。
そういったところまでは見られたくないと普通の方は思われるでしょう。
しかし、そのようなケースは中小企業のM&Aでは付き物で、ある種あたりまえの世界でもあります。それを隠そうとする方はM&Aに向いていません。
隠し通して譲渡が成立した後に問題が明るみに出たケースでは大変な騒ぎになったことがあります。
包み隠さず会社のことをお話していただけない方というのはM&Aが上手くいかない要素の第1位だと思われます。
対処の仕様というのは色んな選択肢がございます。
私共はそのような問題が起こらないためにも、現実的なお話しをさせて頂き、会社の今後について、従業員の雇用、取引先、お客様の信頼関係の維持についてと様々なお話しをして頂く事により、売主様との信頼関係を構築してまいります。
どうぞ安心して会社のことをお話し下さい。

PAGE TOP